高校の種類・特徴を知ること=やりたいことを明らかにする!

受験に必須な基礎知識

高校の種類と特徴を学ぶ!

これまでの高校選びは全日制・普通科が主流でしたが、最近では様々な形態の高校が開校し、より学習目的や、生活スタイルに合った学校を選べるようになりました。 基本的に、学校は下の3つの種類の組み合わせでできています。 ここではその「種類」「特徴」をご紹介します。

高校選びに重要な3つの要素!
学習時間帯はいつ?〜 「全日制」「定時制」「通信制」
これを重視することによって1日の時間の使い方が変わってきます。例えば、昼間に学校へ通うと、夕方以降の時間を塾や、部活の時間に充てることになりますが、一日に勉強する時間を少なくして、あとは自分のための時間に充てることもできます。卒業までの年数は変わってきますが、勉強のペースをコントロールできるのは大きな魅力です。3つの課程を比較してみましょう。
「全日制」〜学校で朝から1日授業を受けます。
一般的によく知られており、中学生の約8割が希望進学先として挙げています。
多くは「学年制(1学年毎に進級)」を採用しています。
1週間に約30単位程度の授業が行われます
全員が同じ時期に入学して、約3年で卒業します。
「定時制」〜学校で時間を区切って授業を受けます。
もともと「夜間定時」が主流で昼間に仕事をしている人が、夜勉強するための学校でした。
基本的には1日4時間、1週間に20単位程度の授業が行われます。
現在では、お昼から授業が始まる「昼間定時制」や、午前・午後・夜間から時間帯を選んで通学できる「昼夜定時制」などもあり、選べる選択肢が広がっています。 。
1日4時間授業を受ける場合は、平均して約4年で卒業。課程によっては学習時間が増えたこともあり、3年で卒業する生徒もいます。
「通信制」〜自宅でマイペースに勉強します
基本的には自学自習。自分のペースで勉強が進められます。
学校から送られてくる教材や課題をこなします。レポートや、スクーリング(面接指導)もあり、登校して授業を受けることもあります。
大学のように、「単位」を取得して3年以上かけて卒業する生徒が多いです。
スクーリング(面接指導)の日数は学校にもよりますが、年に数回~週5回と幅広いです。完全に一人きりで勉強を進めるのが不安な場合は、スクーリングの日数が多い学校を選ぶと良いでしょう。
勉強のペースはどうする? 「学年制」「単位制」
上記の選択肢にセットでついてくる「学年制」と「単位制」。「学年制」の学校は全員同時に進級し、学習する科目も同じなので、授業でわからなかった所を誰かに聞くことができるなどのメリットがあります。「単位制」の学校は、生徒同士の結束は弱まる代わりに、自主的に勉強に取り組んで単位を取得していくという特徴があります。更に細かく比較してみましょう。
「学年制」
中学とほぼ同じ制度です。1学年ごとに学習科目が決まっていて、修了すると次の学年に上がるシステム。
全国的にこのシステムを採用している学校が多いです。
学習する科目が全員同じなので、授業でわからなかった所を誰かに聞きやすいなどのメリットがあります。
全員が同じ時期に入学して、約3年で卒業します。
「単位制」
学年制と違って学習する教科と科目を選び、自分で時間割を作っていきます。
「①学習時間帯はいつ?」で紹介した、全日制・定時制・通信制の、どのタイプにもあるシステムです。
単位取得なので、勉強のゴールが把握しやすいです。
やむをえず高校を中退し、再度入学する場合に、これまでに取得した単位がそのまま認められる場合があります。(学校によって変わります。)
自分のしたいことが決まっていて、それに関係したことにどんどんチャレンジしてみたい人にもオススメ。
単位取得には個人差があるので、3年で卒業する生徒もいれば、4年で卒業する生徒もいます。
 
学習内容は何?~「普通科」「専門学科」「総合学科」「サポート校」
最後は、「学科」の項目です。一般的な学科は「普通科」で、これから大学へ向けて進路を考えていこうと考えている人が多く進学しています。それ以外に農業や、工業など、より具体的に目的を絞った「専門学科」へ進学する人や、複数興味のあることを選んで自分で時間割を作る「総合学科」など様々な学科があります。どんな学科自分の目的に合いそうか、細かく見てみましょう。
「普通科」
基本的には中学校で勉強した一般教科の学習を中心に、一般教養や、知識を勉強していきます。
中学校で学習した5教科を更に細かく分けて勉強していきます。(例:国語であれば現代文、古典。英語であれば、オーラルコミュニケーション、ライティング等)
進学希望の生徒を集めた「特進コース」を設けている学校もあります。
これから大学へ向けて具体的な進路を決めて行きたいと考えている人が多く進学しています。
「総合学科」
普通科目、専門科目、職業科目を幅広く勉強できる学科です。
様々な選択科目の中から、自分の進路や興味関心に応じて科目を選べます。
将来就きたい仕事を視野に入れて、自分に合った学習ができます。
大学への進学だけではなく、専門的な知識を得ることや資格取得にも対応できるのが特徴です。
「産業社会と人間」という科目を設けていることが多く、自分の進路の計画を立てたり、卒業生や、社会人講師が授業を担当しオリエンテーションする機会もあります。
「専門学科」
就職に特化した学科です。卒業後に就職、またはその分野に関する大学へ進学する人がほとんどです。
主に農業(食品科学科等)、工業(電気科等)、商業(社会総合学科等)、水産(海洋科等)、家庭(生活デザイン科等)、看護(看護科等)、福祉(介護福祉科等)、情報(情報技術科等)の分野で学科を設けています。
「サポート校」(クリエイティブスクール等)
不登校の経験がある人、高校を中退した人、勉強が苦手な人等で、もう一度学び直したいという意欲がある生徒たちの為の学校です。
入学選抜では学力検査なし、少人数制の授業、カウンセリング体制の充実など、各校ごとに特徴が違います。
専門学科のような就職に特化したスクールもあります。
様々な境遇や年齢の人が一緒に勉強しているので、社会的な視野を広げられる機会が多くあります。
いかがでしたか?
成績に不安があるお子さんをお持ちのご家庭でも、将来の目標や、生活、学習スタイルに合った高校の種類と特徴を知っていれば、お子さんがより、興味のあることにチャレンジしやすく、勉強が楽しくなるはずです。ぴったりの組み合わせの学校を見つけて、計画的に勉強を進めて行きましょう!
高校受験情報  高校受験に必要な情報が盛りだくさん!
岡山の情報
兵庫の情報
大阪の情報
京都の情報
奈良の情報
滋賀の情報
和歌山の情報
 
 
 
福岡の情報
山口の情報
佐賀の情報
熊本の情報
長崎の情報
大分の情報
宮崎の情報
鹿児島の情報
 
 

気になる学校がある地域を上記からお選び下さい。
各エリア(関西、九州)の試験内容や試験の日程など掲載しています。
こちらの受験情報は、毎年、スタートのスタッフが独自に調査したものを公開しています。

さらに受験に必須な知識を身につけよう!

上に戻る

HOMEプライバシーポリシーコンプライアンス宣言サイトマップお問い合わせ会社概要

[関西エリア] 岡山 · 兵庫 · 大阪 · 京都 · 奈良 · 滋賀 · 和歌山
[九州エリア] 福岡 · 山口 · 佐賀 · 長崎 · 熊本 · 大分 · 宮崎 · 鹿児島

© 家庭教師のスタート Since2012 All rights reserved.

スマホサイトを表示