中学生の特徴と指導内容

家庭教師を中学生のお子さんにお考えの保護者様へ!

特徴と指導内容について

中学生の特徴とスタートがご提供する中学生への指導内容
(取り組み方)をわかりやすくご説明いたします。

 

中学生ってこんな時期!

小学生と違って中学生は、「授業時間が長い・スピードが速い」「教科ごとに先生が違う」「定期テストがある」など、学習の内容が難しくなります。また、部活や習い事の時間が増えて、家庭学習に使える時間も少なくなります。
この時期のお子さんは交友関係が広がり、勉強以外に興味がわくことが増えてきます。
また、周りの大人が勉強の心配をしても言うことを聞かないことも多く保護者にとって大変な時期と言えます。

 

つまずきやすいポイントがあります!

小学校までは授業内に前回の復習・次回の予習が行われていましたが、中学校の授業では毎回新しい学習だけになり、授業内で予習・復習はしてくれません。

さらに内容が増えるぶん授業の進むスピードアップします。
一度つまずいてしまうと、あっという間に追いつけなくなってしまいます…!
できないことが積み重なって「あきらめグセ」がついてしまうお子さんもいます。

 

そこで、中学生で身につけるべきこと!!

自分にあった勉強スタイルを見つけよう
「部活をしている子・していない子」など、この時期の生徒さんの時間の使い方は様々です。
学力、目標、生活スタイルに合った、無理のない勉強方法を見つけることが大事です!
テスト勉強のやり方を身につけよう
中学校では、中間・期末など[定期テスト]が行われます。
小学校では教科書2~3ページだったテスト範囲が一気に5教科各30ページに増え、全部で約150ページとかなり広がります。
テスト直前にすべて見直すのは無理な話!余裕を持った勉強の計画を立てたうえで、テストに出るパターンを覚えて得点につなげましょう。

 

これらを踏まえたスタートの指導内容とは!

選べる指導時間
家庭教師はマンツーマンで効率良く授業を進めるので、「部活が忙しくて塾を休みがち」というお子さんも、家庭教師なら指導の曜日や時間を変更して授業を受けることができます。

 

スタート式のテスト対策
教科書の内容を理解することが定期テスト対策の基本です。
しかし、教科書全てやり直してしまうと、時間もなく効率的ではありません。出題パターン、出やすいポイントをしっかり押さえて、苦手な部分を丁寧に指導します。

 

スタート式の受験対策
入試の出題比率はだいたい3年生20%、1・2年生80%(2年生45%、1年生35%)です。
意外にも3年生の内容よりも1・2年生の内容が重要なのです!スタートでは、苦手な科目はわかるところまで戻って、基礎から教えていきます。また「受験情報」「過去問題集」「模擬試験」など、受験をバックアップする情報を提供しています。

 

スタートではたくさんの中学生のお子さんが
家庭教師をはじめています!まずは体験レッスンをやってみませんか?

» ページ上に戻る

最後まで読んで頂きありがとうございます!
私たち家庭教師スタートは、様々なサポートを通してお子さんの「夢や将来」に向けてお役に立てればこれ以上嬉しいことはありません。
お子さんの「自信」と「やる気」を引き出すきっかけを作る「無料体験レッスン」をやっています。私たちのやり方を是非一度試してみて下さい。

すぐに申し込みたい!という方はお電話がとっても便利です。
担当のハラダまで「体験レッスンを受けたい」とお伝え下さい。
※予約が混み合っている可能性がありますのでお早めにご連絡下さい。

資料請求ページへ

上に戻る

HOMEプライバシーポリシーコンプライアンス宣言サイトマップお問い合わせ会社概要

[関西エリア] 岡山 · 兵庫 · 大阪 · 京都 · 奈良 · 滋賀 · 和歌山
[九州エリア] 福岡 · 山口 · 佐賀 · 長崎 · 熊本 · 大分 · 宮崎 · 鹿児島

© 家庭教師のスタート Since2012 All rights reserved.

スマホサイトを表示